あらすじ

コンは、しっぽがおおきなきつねの子。
むれのなかまと暮らしていますが、しっぽが大きいことをいつもひやかやれています。
そんなコンは、ある日ひょんなことからひとりぼっちで旅にでることに・・・。

むれのなかまをあちこち探しまわるのなかで、コンは見たこともないおばけに出会ったり、
くらーい森にまよいこんだり、びっくりすることだらけ。
とうとうたどりついた森で、つかれて眠ってしまいます。

目を覚ますと、コンのしっぽには、ようせいのようなちいさな生き物”フラッフィー”がいっしょにねむっていました。フラッフィーは、コンのおおきなしっぽが気に入ったよう。
安心したコンは、フラッフィーとともだちになりました。そして二匹は、森のなかにいっしょに
家をつくりはじめます。すると、だれかが声をかけてきて・・・。

作家・編集者紹介

  • 子ども作家

    むなかた りこ

    2008 年、千葉県生まれ。8 才のときから2 年間アメリカに暮らし、10 才から柏の葉VIVISTOP に通いはじめる。好きなことは、絵を描くことと、旅行をすること。本作では、おはなしとキャラクターたちの絵を担当した。好きな絵本は『リコちゃんのおうち』(酒井駒子/作 偕成社)、「バムとケロ」シリーズ(島田ゆか/作 文溪堂)。ブログLittle Story Girl で、自作のおはなしを発表している。 https://littlestorygirl1.blogspot.com/

  • 編集者

    ささがわ もえ

    1993 年、千葉県生まれ。絵を描くこと、食べること、旅が好き。りこと旅の話で意気投合し、絵本づくりをはじめる。本作では、編集と絵の背景、デザインを担当。すきな絵本は『キャベツくんとブタヤマさん』(長新太/ 作 文研出版)。「もちがわ」という作家名でイラストレーターとしても活動中。 http://mochigawa3.tumblr.com/

編集者による
作家インタビュー

  • 見どころは?

    りこちゃんの描く、愛らしいキャラクターたちです。
    キャラクターごとにブラシの種類を変え、質感や色にもこだわりました。
    キャラクターたちの見せる様々な表情にもぜひ注目してみてください!

  • アイディアノートから完成まで

    お互いに旅をすることが好きなので、いろいろな風景を描きたいね、というところから話が盛り上がりました。
    いっしょにアイディアを練っていくうちに、りこちゃんがこれまで経験してだれかに伝えたいと思ったことや、日々大切に思っていることも、ストーリーに自然に反映されていきました。りこちゃんが表現したかった、心あたたまるストーリーもぜひ楽しんでほしいです。絵は、iPadを使ってりこちゃんがキャラクターを担当し、私が背景を担当しました。

  • 編集者から見た作家の魅力は?

    責任感と、愛情!
    頼んだ仕事をてきぱきとこなすりこちゃんに、私が追いつかず焦る場面もしばしば・・・。
    りこちゃんが考えたキャラクターたちは、設定や表情、色などこまかいところまでこだわりがいっぱいで、魅力的です。いっしょにストーリーやキャラクターを考えているときの話し合いの時から、りこちゃんの愛情の深さが伝わってきて、いつも心がほっとしていました。

  • 大変だったところ

    iPadで描いていたときの色と、印刷されたときの色がちがったので、調整をするのに時間がかかりました。こだわった色がきれいにでてよかったです!
    また、他のペアよりも遅れて参加したため、スピードをあげつつもこだわりをきちんと伝えられるよう、二人で頑張りました。

えほんリストに戻る