子ども作家×大学生編集者が恊働で絵本をつくる実験プロジェクト
子ども作家と大学生編集者がペアを組み、企画、編集、作画、デザインといった作業をふたりひと組でこなしながら、1冊のえほんを完成させます。自分と相手 ——— お互いのよいところを引きだし合い、高め合いながら、オリジナルのえほんをつくりあげていく、恊働プロジェクトです。

えほんプロジェクト2018 から生まれたえほんたち えほんコレクション

VIVITA BOOKSの作品は、子ども達と大学生編集者たちがお互いの良いところを引き出し合い、時にはぶつかり合いながら生まれてきたものばかりです。作品が生み出されていくまでの魅力的な活動を知ることで、作品の世界観をより深く感じることができます。ぜひ、作品ができるまでの過程もお楽しみください。

えほんプロジェクトの特徴

協働を楽しむ

子どもと大学生が二人一緒に

絵本づくりは、子ども作家から生まれたアイディアからはじまります。アイディアを子ども作家と大学生編集者がいっしょに 膨らませていきながら 、二人三脚で絵本づくりをしていきます。

企画、編集、作画、
デザインも協働で

絵本のストーリーを考えることや、作画の制作も二人一緒。
絵本づくりを通したコミュニケーションのなかでお互いの良いところを見つけ、引き出し合いながら より良い作品を目指します。

プロの編集者、印刷会社
とのやりとりからの学び

絵本が完成するまでには、たくさんの人とのかかわりがあります。
VIVITA BOOKSでは、絵本業界で活躍されているプロの編集者や印刷会社とのやりとりも通して、本格的な絵本づくりについて学びます。

絵本ができるまでのプロセスを知る 絵本ができるまでの
プロセスを知る

絵本作家のアイディア
出しを知る

絵本は、作家のアイディアから生まれてきます。
VIVITA BOOKSの活動は、プロの絵本作家が絵本をつくるまでに、どのようにアイディアを見つけ、膨らませていくのか知ることからはじまります。

プロの編集者にスキルを学ぶ

絵本の完成まで、作家と共に歩んでいく編集者。編集者の役割やスキル、作家とのかかわりで大切にしていることを、プロの編集者から学びます。

印刷会社と製本の
入稿データ作成

自分たちの作品を絵本のかたちにするためには、作画を印刷するための入稿の技術や、製本方法について知らないといけません。
印刷会社とかかわりながら入稿・印刷技術について学び、自分たちの作品にぴったりの紙えらびも行います。